中学生の鑑賞教室始まりました

 

夏休み恒例、中学生の鑑賞教室が始まりました。

さっそく、1回目4人、2回目9人の生徒たちが参加してくれました。

まずは、館内にて作品鑑賞。

「日常の美 坂本善三のまなざし」展の中で、一番心に残った作品について、感じたことを言葉で書きました。

 

後半は外に出て、ワークショップに挑戦。現在、美術館の庭には、

開催中の「地産地生」展のために、町内から集められたくず鉄が山のように積み上げられています。

作家のズベさんは、このくず鉄を使い、動物やバイクなどの新たな形を作り出す制作スタイルなのですが、今回は中学生にもズベさんの制作を体験してもらいます。

 

チームに分かれて作業開始!

スパナやドライバーなどの道具を駆使し、苦労して分解しますが、なかなか思うように外れず・・

 

インターンの高校生も手伝ったり、中学生もだんだんコツをつかんできて、少しずつ部品がそろってきました。

それに加えて、鉄の山から新たに持ってきた材料も組み合わせ、思いがけない作品ができました。

 

 


 

 

最後にそれぞれスケッチをして教室は終わりです。

暑い中でしたが、みなさん最後まで真剣に取り組んでくれました。

残りあと4回。どんな顔ぶれと作品かな・・・楽しみです。

 

美術館の更新情報を受け取る