体験学習の中学生来館

小国町では、毎年5月と9月に体験学習旅行の中学生を多く受け入れしています。この時期、何校もの中学校が次々小国町を訪れて、田舎暮らしを体験しているのです。
3~4人のグループに分かれて町内の一般家庭にホームステイして、ホストファミリーと2泊3日を過ごします。農業体験をする家庭が多いようですが、雨の日など外での作業ができないような日には、小国観光に切り替える家庭もあり、当館にもよくお越しいただきます。
本日は晴れていますが、朝から2組のグループに来館していただきました。どの中学生も、みんなきちんと挨拶をして入館し、帰る際にも「ありがとうございました」と」すがすがしかったです。とっても感じのいい子たちでした~!
3日めで最終日の今日は、午前中に体験を切り上げて集合する日です。そろそろホストファミリーと涙のお別れをしているころかもしれません。またいつか、家族やお友達と小国町に遊びに来てくれることを願っています。

美術館の更新情報を受け取る