善三作品が寄贈されました

坂本善三の作品三点が、坂本善三美術館友の会より、小国町へ寄贈されました。
個人の方が所有されていた善三の作品を、友の会が買い取り、町に贈ってくださったのです。
写真は、本日美術館で行われた贈呈式の様子です。
左から、小国町長、友の会を代表して世話人のみなさん。
 
下の写真は、今回寄贈いただいた三点です。
左から「巴里の家」(油彩)、「門」(水彩)、「裸婦デッサン」(素描)。
「どれも、とても素敵ないい絵。きっとこれから展示に出る機会も多いと思う」
…と、当館学芸員のコメントです。
登場をお楽しみに!

美術館の更新情報を受け取る