美術コース最終日

10月8日(土)風呂敷を染める美術コースの最終日でした。

ぽつぽつ雨の降る中でしたが、皆さんの笑い声の絶えない和やかな教室となりました。

 

この日の工程はふたつ。「定着」と「水元」です。


「定着」は、強アルカリの液を塗ること。

染料が酸性なので、アルカリを塗ることで中和し、色落ちを防ぐ効果があります。

塗り残しのないようにたっぷり塗って・・・。

 

しばらく放置して「水元」。”洗いあげ”の意味です。

何度も水を替えて、余分な染料や糊を洗い流します。

水をくみかえるのがなかなか大変だったのですが、中学生のMちゃんがせっせと手伝ってくれて大助かりでした!


糊がふやけると、模様の白地がくっきりと現れます。

全行程の中で最も嬉しい瞬間です!そこここで歓声があがりました。

 

洗い終えたらもう一仕事、”脱水”です。

絞ると色移りの恐れがあるので、二人一組で上下に振って水を飛ばします。

息を合わせて、膝を使って・・しぶきを顔に浴びながら!

やってても見ていても楽しい工程です。

 

作品を軒下に干したら完成!


色とりどり、思い思いの作品がそろいました。

あっという間の6か月、素敵な生徒さんのおかげでとても豊かな時間となりました。

感謝感謝です!またお会いしましょう!

美術館の更新情報を受け取る