25日め「四畳半まんが」

8月26日、25日めは「四畳半まんが」でした。


坂本善三美術館は、全館畳敷きの美術館です。くるみちゃんがいつも使っているスペースも、もちろん畳の部屋。部屋を見てるうちに「畳って、まんがのコマ割りみたい」 だと思ったそうです。

前日は月曜で休館でした。くるみちゃんはずっと作業していたようです。でも、まだまだ。
畳は昨年替えたばかりで、まだ替えない予定なので、黒い部分は“ビニールテープ”です。切って、貼ってます。

「うわっ、すごい」

「あ~、すみません、まだ完成じゃないんです。途中だけど、でも…。よかったら、そこの3Dメガネをかけてもらえませんか?」


「お客様が3Dメガネをかけると~…」
くるみちゃん、畳を一枚外したスペースに横たわっていて、それから…

むくり。「みなさん、かけましたね!メガネをかけたら…。起き上がって~…、走る!!」

3Dメガネをかけると、絵が立ち上がって立体的に見える!…というわけです。

「おもしろい!」
「よく考えつきましたね」
…この二つのコメントは、会期中何度もお客様から頂いた言葉です。
その後も…




未完成のまま、お客様に披露しました。
みなさん、とてもおもしろがって下さいました。

その横で、美術館スタッフの“造形チーフ”が、くるみちゃんの衣装を手づくり。


畳人間、完成です。

畳を上げたスペースに寝転ぶくるみちゃん

平面だった畳から、“絵”が飛び出してくる3D、なのです。

「私、顔も描かなきゃ、じゃない?劇画っぽく!」
「絵の具?」
「あ!それもビニールテープでいいんじゃない?」
「あー!!、それ、いい!!」



「どうですか?」

「はじまるよ!」

3Dメガネ装着!

絵が立ち上がって、走る!

「すげ~、おんもしれえ~!」
その後も、お客さんが来ると、3D化!




  

お疲れさまでした。
「この日のくるみちゃん本人の反省日記」
 

美術館の更新情報を受け取る