「おぐに児童画展」開催中

8月1日から9月30日まで、坂本善三美術館内「町民ギャラリー」で「第2回 おぐに児童画展」を開催しています。
地元・小国町の小学校の全児童が一学期に描いた作品を集めて、展示しています。

開け放たれた障子から、作品がのぞいています。
見えているのは、3年生が描いたこいのぼりの絵。
いろんな色で鮮やかに描かれたこいのぼりが、風にゆれています。

全児童の作品なので、実は町民ギャラリーのスペースだけではとても入りきらず、隣の部屋まではみ出ています。
上の写真の正面は、一年生の絵。それぞれに個性があって、おもしろいです。
 
町民ギャラリーの部屋の中は高学年の作品。
クラスごとにテーマや作風が違っていて、見ごたえがあります。
タイトルやコメントにクスリと笑わせられたり。
9月30日まで展示しています。町民ギャラリーは入場無料です。
ぜひ、子どもたちの元気な絵をごらんください。

美術館の更新情報を受け取る