中学生のろうけつ染め作品展示


小国中の7年生(中学1年生)が、夏休みの鑑賞教室(→くわしくはこちらのページ)の美術体験で作った“ろうけつ染め”作品を、町民ギャラリーに展示しています。足元には、ワタリドリ計画の座布団すごろくがあります。

これは、6日ある鑑賞教室で2日間先生役をつとめてくれた、ワタリドリ計画のユニットのひとり・武内明子さんの手による、ろうけつ染め。
以下、中学生の作品です。

黒は習字の墨、赤は朱墨です。

1時間以内で下絵を描き、ろうでふちどり、色をのせたものです。

どれも味わいがあります。

展示はあと1週間ほど!
(次の展示予定があるため…)
 

美術館の更新情報を受け取る